井戸掘りのトップへ  よくある質問(Q&A) 井戸掘り 費用 お客様の声 井戸掘りの匠をめざして
アフリカでの井戸掘り 井戸掘りまでのながれ 当日の作業 新聞等の紹介記事 無料見積もり申込みへ

    井戸掘りの流れ
      (場所、地域により多少異なります)  無料見積の申し込みへ

お客様(井戸を使う人)との直接打ち合わせ、場所確認、仕上がり確認をお願いしています。
中間経費を極力少なくするため、現地確認はネット地図で確認、打ち合わせは極力メールを使用しています。
日数も1日で仕上がるよう機械も改良に改良をかさね、性能の向上に常に変化させています。
井戸堀りは同じパターンはありません、その時その場所で、深さ、硬さ、水量、水質すべて違います
お客様も予算のたてようがありませんので、私たちは解りやすく、水が出るまで25万円の定額料金にしました。
私達は水栓柱を立て蛇口を付けて次の配管工事がし易いように配管しておきますが、
家庭内の配管は近所の水道屋さんまたは、設備屋さんにお願いします。
何回かアフリカへ井戸掘りに行きましたが、皆さんの井戸掘り料金の一部でアフリカの女性や子供達の
仕事が軽減され、病気の軽減にもなるものとおもいます。

下記の事項をメール osida@fa2.so-net.ne.jp 又はFAX 047-497-8522 で送って下さい。

 Q1 井戸を掘削する場所の住所をお知らせ下さい、
     当会でグーグルやヤフーの地図にて場所と地形、地質、距離等の確認をさせて戴きます。

 Q2 井戸掘削の時にかなりの水を使いますので、
    A = 掘削場所の近くに水道がある。近所の水道が借りられる。
       ホースで「蛇口より給水できる。」(40〜50m)
    B = 水が無く、「当会でタンクと車を用意」して運ぶ(4,000リットル位)
    
 Q3 井戸掘削の時にかなりの残土が出ますので
    A = お客様の敷地内等で「処分することが出来る。」
    B = お客様の敷地内等で処分することが出来ないので「当会で引取処分」する。
       ※ 土は大きな袋に入れておきます。(1立方メートル位)。

 Q4 井戸ポンプの設置は
    A = 場所にもよりますが「同時に設置」する場合は
      「日立ポンプ浅深両用250W又は400W」のポンプを設置します。
    B = ポンプはお客様が持っている、又は後で知り合いの水道屋さんにたのむ。

 Q5 ポンプを付ける場合は
    A = 250W 家庭用標準型 同時に蛇口を2ヶ所位を使う場合
    B = 400W 水量豊富型   同時に蛇口を3〜4ヶ所位を使う場合

 Q6 井戸掘りの日は
    A = いつでも良い   B = 日曜日、祭日、休日   C = 平日

  Q7 連絡先のアドレス

  Q8 お客様のお名前 (会社の場合担当者も併記お願いします) 

  Q9 連絡先の電話番号 (携帯電話ですと助かります)



 井戸掘り時には「発電気」を用意して行きます(無料)ので電気が無くても
 井戸掘りとポンプの試運転は出来ます。


 以上の事項をメール又はFAXでお知らせ戴ければ、支払い総額見積書をお送りさせて戴きます。

見積書を確認し予算があいましたら、メールを返信して下さい。

 井戸掘削の予定となりましたら。メール又は携帯にて、掘削予定日の打ち合わせをします。

 予定日が決まりましたら、3日位前に確認メールを送り、前日に道具類、パイプ類の確認、積み込みをします。

当日お客様の掘削場所に午前8時〜9時頃にお伺いします。

 掘削は20M〜30Mですと午後1時〜2時頃には掘削終了予定です。

 井戸のケーシングを入れ中を掃除します。

 井戸の中の砂も無くなり水が澄んできたらポンプの設置をします。

午後4時〜5時頃、蛇口より井戸水が出て、すべての作業の終了です。